ハムスターが仰向けで寝ている姿が可愛いけど心配なんですが。。?

ハムスターが仰向けに寝ている姿を見ると
すごく可愛いですよね♬

ただ、動物がお腹を向けて寝るって
どこか変な感じもしますよね。

ハムスターが仰向けで寝る場合も
注意することがあります。

ハムスターが仰向けに寝る時は
ケージ内の温度を確認しましょう。

暑い時に仰向けになることが多いからです。

仰向けになる姿が可愛いと思っていたら
ある日突然亡くなっているという
悲しいことになる可能性もあります。

十分に注意して対策をしてくださいね。

ハムスターが仰向けに寝る時の
対応を知りたい方にむけて、

ケージの暑さ対策をお伝えします。

仰向けになっている時のケージ内の温度を確認する

ハムスターが仰向けに寝ている時は
ケージ内の温度を確認しましょう。

この時に部屋の温度がちょうど良くても
油断は禁物です。

部屋の温度とケージ内の温度に
差が出ることがあるからです。

プラスチックタイプのケージや
水槽タイプのケージを使っている方は、

温度計を使ってケージ内の温度を
必ず確認してください。

適温は20°C〜26°Cくらいです。

ケージ内の温度が高い時の対策

  • エアコンをつける
  • 冷却グッズをケージに入れる
  • 金網ケージに変える

以下で詳しく解説します。

エアコンをつける

室温、ケージ内共に温度を一定にするには
エアコンを使うのが1番効果的です。

この時に1度ケージの外の温度と
ケージ内の温度を両方測り
室温とケージ内の温度差を確認しておきましょう。

差がなければ室温を心地よく設定しておけば
ケージ内も安心です。

冷却グッズをケージに入れる

ハムスターの暑さ対策用に
陶器製の巣箱やタイルなどが
販売されています。

暑い時期などはタイルの上で寝る姿も
見られますが、

これらはあくまで補助的な役割です。

基本はエアコンで調整しましょう。

金網ケージに変える

室温とケージ内の温度を測った時に
差が大きいようであれば、

金網ケージに変えるのも1つの手です。

金網ケージは通気性がよく
室温とケージ内の温度差が
なくなるからです。

人間とハムスターの適温は似ているので
人が心地よいくらいの室温に保てば
ハムスターも快適に過ごせます。

暑さ以外に考えられる仰向けになる原因

ハムスターが仰向けになる理由はほとんどが
暑いからですが、

他にも考えられる原因があります。

  • お腹の病気
  • リラックスしている

お腹の病気

寝ている時以外もお腹を向ける場合は
お腹の病気の可能性を考えましょう。

お腹が痛くてお腹を下にしていられない
状態のことがあるからです。

腸閉塞や寄生虫などが考えられるので
異変を感じたら
すぐ獣医に連れて行きましょう。

リラックスしている

暑さや病気の心配がない状態でも
仰向けになる場合は
とってもリラックスしていると考えられます。

普段のコミュニケーションの取り方や
環境がとても良い証拠なので、

その調子でハムスターを可愛がって
あげてくださいね♬