ハムスターに必要な運動のさせ方

ハムスターを飼う時に意識しておきたいのが
運動のさせ方です。

ハムスターは小さい体に似合わず
一晩で5km以上走るくらいよく体を動かすため
運動できる環境が必要です。

運動ができる環境でないとストレスが溜まり
寿命が短くなる恐れもあるので
しっかり運動をさせましょう。

運動をさせる方法として
大きく2つあります。

  • 回し車を使う
  • 散歩をさせる

この記事では具体的な運動のさせ方を
お伝えしていきますね。

ハムスターに運動をさせましょう

回し車を使う

狭いケージの中で生活するハムスターには
必須のアイテムですね。

1日5km以上走るパワーを発散させるために
必ず設置しておきましょう。

回し車に関して言えば
ケージの中に設置しておくだけでOKです。

ハムスターは夜行性で夜に走ることが多いので
静かなつくりの回し車がおすすめです。

またハムスターの大きさによって
回し車のサイズも合わせるようにしましょう。

ゴールデンハムスターなど大きい種類の
ハムスターにジャンガリアンハムスターの
サイズに合わせた回し車では小さ過ぎます。

体が反りすぎて腰を痛める恐れもあるので
注意しましょうね。

散歩をさせる

ハムスターの縄張りを確認させるために
ケージの外を散歩をさせましょう。

縄張り意識が強くテリトリーを荒らされる
ことでストレスを溜めるからです。

ケージの中から私たちが生活している姿を見て
ヤキモキしているのかもしれませんね。笑

やり方は簡単でケージの外に出して
自由に部屋を歩かせましょう。

いくつか注意点があるのでお伝えしておきますね。

ハムスターを出す前に部屋の床を
掃除しておきましょう。

落ちているゴミを拾って
食べる恐れがあるからです。

ハムスターが食べられないものを口にして
しまうと危険です。

またケージの外では
エサをあげないようにしてください。

ケージの外で食べることがクセになるからです。

いつも外に出せる訳ではないと思いますが
クセになってしまうとケージの中にいることが
ストレスになってしまいます。

ハムスターに運動をさせつつスキンシップをしましょう

散歩などハムスターが動いている時は
スキンシップのチャンスです。

ずっとケージの中に入れておいても
触る機会がないですもんね。

ケージの外で近くにいると
ハムスターが体に登ってきてくれたりして
とても可愛いですよ☆

ハムスターのストレスも解消しつつ
あなたもハムスターに癒されてくださいね♬

カテゴリートップへ戻る