ハムスターの威嚇を直した方法

ハムスターって可愛いので
ついつい触りたくなりますよね?

でもよく聞くのが
触ろうとするとハムスターに
威嚇されるという話。

ハムスターが威嚇してくる時は
しばらく放っておきましょう。

ハムスターが怖がっているので
少し環境に慣れさせる必要があるからです。

我が家のハムスターもよく威嚇していましたが
しなくなりました。

今回はその時に心がけたりやったことを
お伝えしようと思います。

ハムスターの威嚇を直して仲良くしたい方は
ぜひ参考にしてくださいね☆

ハムスターが威嚇してくる時はしばらく放っておきましょう

ハムスターに威嚇されると悲しいですよね。

私も結構ショックでした。

ハムスターが威嚇してくるのは飼い始めが
多いですが飼い始め以外でも、

環境に慣れていないことが原因で
威嚇してくることが多いです。

我が家の場合、

飼い始めて1週間は触ったりしたらいけないと
聞いていたので1週間を過ぎて触りはじめましたが
結構鳴きながら威嚇して噛んできました。

威嚇されると悲しいので、かまいたくなる気持ちも
分かりますが、

落ち着くまでしばらく放っておきましょう。

ハムスターの威嚇が直るまでの期間

どれくらい放っておいたらいいのか
気になりますよね?

基本的にはエサをあげるときと
掃除以外はずっと放っておきましょう。

エサも手渡しはせずに
エサ箱に入れたほうがよさそうでした。

そうすると大体1週間くらいで落ち着く子もいれば
ずっと威嚇してくる子もいるみたいですね。

我が家の場合は飼い始めて3週間くらいで
威嚇してこなくなりましたよ☆

でも色々調べると生涯あまり触ることが
できない子もいるかも。

ハムスターの威嚇の原因を考える

ハムスターにずっと触れないとなると
淋しいですよね。

でもこの時に考えたいのが
ハムスターが威嚇してくる原因です。

ハムスターは自分より大きな人間が
とってもとっても怖いんですよね。

怖いけどケージの中で逃げ場がないから
威嚇している。

そんな状況です。

人間でも同じだと思うんですが、

もしライオンと遭遇したら逃げますよね。

逃げられないオリの中にライオンと
一緒に入れられたら無理だと思いつつも、

いちかばちか命がけで威嚇すると
思いませんか?

ハムスターからすると得体の知れない人間は
ライオンみたいなものです。

可愛がっているつもりが
ハムスターからすると命懸けで抵抗している。

そのことを知っておきましょう。

ハムスターを放っておくと威嚇に変化が現れてくる

ハムスターの威嚇の原因を理解できても
やはり残念な気持ちはありますよね。

でも実際飼っているとそのうち変化を
感じられるようになってきます。

我が家の場合、

エサをあげるときや掃除をする時に
段々威嚇してこなくなりました。

ハムスターの雰囲気が明かに変わってくる
瞬間を感じられる時がありましたよ。

今では一切威嚇してこなくなりましたし
鳴き声なんて1年くらい聞いてません。

苦労した分ハムスターに触れるように
なった時は嬉しかったです。

こうなってくると手でエサをあげたりして
少しコミュニケーションを取ってみましょう。

ハムスターが慣れてくれれば
一気に仲良くなれるので
しんぼうしてその時を待ってくださいね♬