ハムスターの毛並みが悪くなったと感じた時に軍手でブラッシングするといい感じだった話

ハムスターの毛並みが最近悪くなった気がする。

毛並みが悪くなるのってどこか体調が悪いのかな?

ブラッシングしてあげた方がいいのかな?

ハムスターを飼ってよく観察していると
毛並みの変化も気になったりしますよね。

我が家のハムスターも砂浴びなどして
自分で毛並みを整えていますが、

年齢なのか日々毛並みが
変化しているように感じます。

もっとふわふわでつやつやだった
気がするなぁと思うんですがね。。

そんな時に偶然発見したのですが、

ハムスターの毛並みが悪くなった時は
軍手でブラッシングするといい感じでした。

軍手でブラッシング?

いまいちイメージが湧かないと思うので
この記事ではやり方をお伝えします☆

ハムスターの毛並みがとても良くなるので
ふわふわでつやつやな毛並みを
取り戻してあげてくださいね♬

ハムスターの毛並みを軍手を使って整える方法

ハムスターのブラッシングは軍手を使うのが
結構おすすめです。

理由は簡単に全身をブラッシングできて
毛並みがキレイに整うから。

方法をステップでお伝えしますが
本当に簡単です☆

  1. 軍手を両手にはめる
  2. ハムスターを軍手で包み込む
  3. 出られる場所を一か所開ける
  4. 何度か繰り返す

軍手を両手にはめる

ハムスターをケージから出す前に
両手に軍手をはめましょう。

片手だと上手くできないです。

また手袋と素手では匂いも違うので
片手だけ軍手をつけると、

ハムスターが匂いを判別できず
混乱することも考えられます。

ストレスになっては元も子もないので
ハムスターの様子を気にしておいてくださいね。

ハムスターを軍手で包み込む

ケージから出したハムスターを
軍手で包み込むように覆ってください。

隙間を開けるより完全にすぽっと
包み込んであげましょう。

嫌がる時は無理やりやらないように
してくださいね。

出られる場所を一か所開ける

逃げ道を一か所用意しておくと
そこから顔をひょこっと出して
出てこようとします。

その出口をすぼめてハムスターが
ギリギリ出られるくらいにすると、

出てくる際に軍手で自然に
ブラッシングされています。

何度か繰り返す

出てきたらもう一度同じようにして
2〜3回繰り返します。

うちのハムスターは元々よく噛む子で
手を噛まれるのが嫌で
ずっと移動の際は軍手をつけていました。

はじめはちょっと遊び感覚で
やっていたのですが、そのうち

「あれ?毛並み良くなってない?」

と気づいた訳です。

普段軍手に慣れていない子は
急に包み込んでしまうと
びっくりすると思うので、

はじめはハムスターの匂いをつける
ために軍手をつけた手に
乗せるだけにしましょう。

慣れてきたなと感じたら
試してみてください。

うちのハムスターも今では気に入ったのか
手の中で遊んだり、

口からひょこっと顔を出したまま
しばらく手の中で落ち着いていたりします。

スキンシップも取れますし
とても可愛いですよ。

軍手に関してはよっぽど汚れない限り
匂いを残すため洗っていません。

ハムスターは匂いをとても大事にするので
極力匂いを消さないように
してあげてくださいね。

毛並みが悪くなる原因に病気の可能性も頭に入れておく

ハムスターの毛が抜け落ちているような場合、

皮膚病など病気の可能性も考えられるようです。

おかしいなと思ったら病院に相談する
ようにしましょうね。

ただ、どちらかというと
毛並みが悪くなりやすい原因は、

  • ケージの掃除不足
  • 年齢
  • ハムスターが毛繕いをしない性格

などのことが多いようです。

ズボラなハムスターもいるんですね。笑

軍手を使ったブラッシングも
今では我が家の日常になっていますが、

もちろん中にはストレスに感じる
ハムスターもいると思うので
様子を見ながら行ってくださいね。

ぜひ一度試してみてください♬