ハムスターはなつかないのが普通なんだと気付いたエピソード

ハムスターを飼ってると色々な情報を
調べてみますよね?

そうしたら手の上でリラックスして
寝ているハムスターの画像や、

お腹を見せて甘えているような
画像がたくさんあります。

あれ?我が家のハムスターはこんなに
なついてないけど飼い方が悪いのかな?

可愛いと思いつつそんな思いになることも
ありませんか?

私も一時期そんな思いに駆られて
何とかもっとなついてもらえないかなと
色々考えてたことがありました。

でも、あることがあってから
ハムスターってなつかないのが
普通かもって感じたので、

その話をお伝えします。

ハムスターがなつかないと悩んでいる方に
読んでもらいたいと思います。

ハムスターはなつかないと感じた話

うちのハムスターは指を出すと
結構噛んでくる子だったので、

掃除などでハムスターを外に出す時は
手袋をつけて出していました。

それでも飼っているうちに
指を出しても噛まなくなり
ペロペロ舐めてくれるくらいになりました。

だいぶなついてくれたなぁと思ったので
ケージから出す時も手袋なしで
いけるんじゃないかと試してみました。

結果としては全然大丈夫だったのですが
ハムスターの様子はすごく
焦っている感じでした。

手袋をしている手としていない手。

人間からすると同じ手を出している
感覚なのですが、

ハムスターからすると匂いが違うので
全然違うものと認識するようでした。

この時に、

ハムスターは人になつくんじゃなくて
匂いで安全な場所と判断してるだけかも
って感じたんですね。

飼い主さんが来たー!
ワーイ!

って感じじゃなく、

この匂いは安全。

って思ってるだけ。

ハムスターはなつかないかもって
気付いた瞬間でした。

ハムスターがなつかないのは当たり前

ハムスターはそもそも野生では
単独行動をする生き物です。

縄張り意識が強く親や兄弟でも
縄張りを荒らすものには攻撃し
殺してしまう程です。

(ハムスターに親兄弟という感覚は
 ないのかもしれませんが。。)

ハムスターを飼っていると一匹だと
可哀想だと思って相手をしようとすることが
あるかもしれませんが、

ハムスターは1匹でも全然大丈夫で
むしろ1匹の方がいいことを
知っておくといいと思います。

ハムスターがなつかない時の対策

そうは言ってもやっぱりハムスターと
仲良くなりたいって思いますよね?

そんな時は、匂いを意識すると
上手くいきやすいですよ。

ハムスターに、

『この匂いは安全だ』

と思ってもらえると
寄ってくるようになります。

飼い主の匂いを認識してもらう方法として

  • 手渡しでエサをあげる
  • 近くで声をかける

などがあります。

これを繰り返すうちに
この匂いは安全だと思ってくれるように
なります。

この時に注意したいのが、

ハムスターにあまり触りすぎないこと。

ハムスターは自分の匂いを大切にするので
触って別の匂いがつくことを
嫌がります。

人間が触った後によく体を手でこすっている
仕草が見られますが、

あれは人の匂いがついた体に
自分の匂いをつけ直す作業です。

飼い主の匂いを認識してもらいつつ
その匂いをハムスターにつけないように
意識することが大切です。

そのうち手を出すとハムスターから
乗ってくるようになります。

ハムスターも生き物でそれぞれに
性格があります。

ネットで見ているハムスターと
飼っているハムスターは
もちろん同じではないので、

あなたのハムスターをよく観察して
その子に合ったコミュニケーションを
とってもらえたら嬉しいですね♬