ハムスターを触る時に注意していること

今では当たり前のようにハムスターを
手の上に乗せたりしていますが、

よくよく考えたらハムスターを触る時に
色々と考えていることがあるなぁと思ったので
それについて書いていきます。

ハムスターって小さいしはじめて飼った時って
どうやって触ったらいいか分からないですよね。

なんか潰してしまいそうで不安というか。

結論から言うと、

ハムスターを触るときは
向こうから手に乗ってくるのを
待つのが1番いいと感じています。

こちらから触ろうと向かうと
恐れてしまうからです。

この記事では実際にハムスターと
触れ合ってみて、

失敗したこと上手くいったことについて
書いていこうと思います。

ハムスターを飼い始めて
どうやって触ったらいいか分からない人は
参考にしてくださいね☆

ハムスターに触れるようになると
どんどん愛着が湧くので
楽しくなっていきますよ♬

ハムスターを触るときは手を出して向こうから来るのを待つ

ハムスターを触るというくらいなので
こっちから触りに行ってしまおうと
してしまうのですが、

ハムスターを触る時は
ハムスターの前に手を出して
向こうからやってくるのを待ちましょう。

慣れてる子はそのまま手に乗ってくれるのですが
慣れてないうちは噛んで去ってしまうことも
あります。

そんな時は無理やり触ろうとしないほうが
いいですね。

ハムスターを触りたいから早く慣れさせたい

その気持ちはすごくよく分かるのですが
早く慣れさせたいなら、

しばらく放っておくのが結果的に
1番早く慣れる感じがします。

特に飼い始めの1週間は
絶対に触ろうとしないほうがいいです。

これはどの情報にも書いてあるのですが
実際飼った時に実感しました。

ハムスターってすごく臆病なので
自分自身がここは安心できる場所だと
納得しないとなかなか慣れてくれません。

早くハムスターを慣れさせたいと思ったら
とりあえず飼い始めの1週間は我慢して、

1週間経ったら手のひらにエサを乗せて
ハムスターの前に出してみましょう。

エサにつられて自分から乗ってきたら
いい兆しです。

ただハムスターが手を認識していない
場合もあり、

急に動かすとびっくりするので
そーっとやりましょう。

ハムスターに嫌われる触り方

ハムスターを触る時に実際に嫌がられた
触り方があったのでシェアしておきます。

  • ハムスターの上から手を出す
  • 追いかけて触る
  • つかもうとする

ハムスターの上から手を出す

感覚的にはこれが1番やったらいけない
感じがしました。

ハムスターの上から、もっというと
死角から手を出すとものすごく驚きます。

うちの場合鳴いて噛み付いてきました。

めちゃくちゃ嫌われるので注意してください。

追いかけて触る

死角から触ろうとするのがダメなのは
分かりました。

その後にやりがちになるのが
手の位置はハムスターの下から出すけど、

シャベルのように下から追いかけて
触ろうとするやり方です。

下から追いかけて思わずツンツンして
しまったりするのですが、

大体手には乗ってきません。

お尻を向けて去っていきます。

我が家ではこれで噛みつかれたことは
ありませんが、

やはり嫌がっていた感じでした。

つかもうとする

小さい子どもが案外やりがちですが
ガシッとつかもうとするのは
絶対にNGです。

大人はもちろんですし
子どもがやりそうになったら
やめさせてくださいね。

猛烈に嫌がります。

結構慣れてきている我が家のハムスターも
つかまれるのは嫌がります。

これも嫌われるので注意してくださいね。

ハムスターを触る時には手袋をするのもあり

うちのハムスターは指を出すと
掴んでガジガジ噛んでくる子で
ちょっと触るのが怖かったです。

そこで対策として我が家では
軍手をしてハムスターに触っています。

軍手をしていたら噛まれても痛くないし
意外と噛みません。

これは調べてみると軍手を付けた手を
ハムスターは手と認識していない場合が
あるようですね。

素手だと人間の匂いがしっかりするので
攻撃する場合があります。

それとは関係なしに噛み癖で
噛む子もいるので、

噛まれるのが嫌な時は手袋もありだと思います。

ハムスターの触り方ひとつも
飼っていて勉強だなぁと感じる部分が
多かったです。

いいコミュニケーショをとって
ハムスターとの楽しい生活を
エンジョイしてくださいね♬