ハムスターの床材を夏だからといって特別に変える必要がなかった話

ハムスターって夏の暑さに弱いって聞くけど
床材ってなんか暑そうだよね?

夏の時期だけ床材を変えた方がいいのかな?

変えるとしたらどんな床材がいいのかな?

ハムスターを飼ってはじめての夏を迎えると
こんな心配が出てきますよね。

我が家も夏の時期は結構気になって
様子を見ていたのですが、

結論からすると、

暑さ管理で床材の種類を気にしなくても
大丈夫でした。

床材の種類を気にするよりも
室温を心地よい温度に保つことの方が
大切だなぁって感じでしたね。

我が家での体験から詳しくお伝えしますね♬

夏の温度管理に床材の種類は意識しなくても大丈夫

我が家では基本的に夏でも冬でも
同じ床材を使っています。

コロコロ床材を変えて環境の変化で
ハムスターにストレスを与えたくなかった
からですね。

でも、毎日の気温が30度を超えるように
なってくるとさすがにハムスターの
様子はかなり気になりましたよ。

気温が30度を超えてくるとハムスターも
脱水症状や熱中症になりますから。

体の小さいハムスターが熱中症などを
起こすと致命的という話も聞いていたので、

暑くないかなぁどうかなぁと思いながら
毎日様子を見ていました。

でも、ほとんど普段と変わりなかったです。

いつも通り床材に潜って寝ていましたし
冷たい陶器の巣箱を入れてもそこに
床材を運んでました。

ハムスターの温度管理は床材よりも室温が重要

ハムスターの夏越えを経験して思ったのが
床材など細かい部分を気にするよりも、

室温をちゃんと一定に保ってあげることの方が
重要だなということです。

エアコンを使うのが1番簡単です。

我が家は夏の時期、エアコンをつけっぱなしに
して温度管理をしていましたが、

エアコンで温度管理していれば
ハムスターは本当に普段通りです。

電気代は確かに上がりますが
家族での外食を1回減らせばまかなえるくらいの
金額でしたよ。

暑さ対策も細々した方法が色々とありますが
正直言ってそこに神経を使うくらいなら
エアコン1つで全てカバーできます。

エアコンの風が直接ハムスターに当たらない
ようにだけは注意しておいてくださいね。

夏場は床材をこまめに交換しよう

夏場の床材に関していうと、

交換はこまめにした方がいいなと感じました。

エアコンで室温管理してても
やはり他の季節と比べて温度や湿度は
高いので、

床材の上でオシッコをした時などの
臭いが気になることが多かったです。

また、湿気で床材が押しつぶされて
固くなりフワフワ感がすぐになくなりました。

オシッコがついた床材はすぐに交換した方がいいし
1週間に1度は大幅に交換した方がよかったです。

そのため夏場は床材のコストが少し上がりましたが
これも割と微々たるものだったので
そこまで気にしなくても大丈夫かなと思います。

まとめ

私は床材を選ぶ時に季節や温度よりも
ハムスターを買ったお店でどの床材を
使っていたかの方が重要だと考えています。

ハムスターが生まれてからずっと
匂いを嗅いで慣れた床材だし、

アレルギーなどの問題も起こっていない
床材ということが実際に分かります。

店員さんに床材の種類を聞いて
問題が出ない限りその床材を使い続ける方が
ハムスターにとって安心だと思います。

参考にしてもらえたら幸いです☆