ハムスターのしゃっくりはアレルギーや呼吸器の問題の可能性もあり

ハムスターがしゃっくりのような動きをするけど
そもそもしゃっくりってするの?

違和感のある動きだけど、どう対処すればいいか
分からなくて不安。

病院に連れて行ったほうがいいのかな?

今回はそんな疑問にお答えしようと思います。

結論からお伝えすると、

しゃっくりが長く続くようであれば
病院に連れて行くことを検討しましょう。

長く続くしゃっくりはアレルギー反応や
呼吸器の問題の可能性が考えられるからです。

長く続くしゃっくりを放置してしまうと
ハムスターの体力を奪い
命の危険もあります。

ハムスターのしゃっくりへの対応や
対策についてお伝えしていきますね。

ハムスターってしゃっくりするの?

ハムスターも哺乳類なので人間と同じように
くしゃみやあくびもします。

しゃっくりも同様です。

しゃっくりをするからといって異常な訳ではなく
すぐに何とかしないとと思わなくても
大丈夫なので安心してくださいね。

ハムスターのしゃっくりの特徴としては、

  • 規則的に体をピクッピクッと動かす
  • 「キュッキュッ」と鳴く

といった動きが見られます。

本当に人間と一緒ですね。

ハムスターがしゃっくりをする原因

ハムスターがしゃっくりをする原因は
色々ありますが、

ここでは一般的に言われている原因を
ピックアップしていきますね。

  • 急いで食事をする
  • アレルギー
  • 呼吸器系の問題

急いで食事をする

ハムスターが急いで食事をしている時に
しゃっくりが起こることが多いです。

与える食材のサイズを小さめにしたり
ゆっくり手渡しで渡すように
一度対策をしてみましょう。

ハムスターのしゃっくりは
食事中や食後に起こることが
多いので、

このタイミングで起こるしゃっくりには
そこまで敏感になる必要はありません。

ただし食材のサイズを小さくするなどの
対策をしても頻繁にしゃっくりをする。

食事のたびに毎回しゃっくりをするのは
異常なので1度病院で診てもらったほうが
いいです。

アレルギー

アレルギー反応を起こしている時に
しゃっくりのような症状が見られます。

アレルギーの場合はしゃっくりの他に
体を頻繁にかいたり目がしょぼしょぼした
ような動きが見られるので、

しゃっくり以外の行動が見られないか
よく観察するようにしましょう。

対策としてはアレルギーの原因となるものを
離すようにしましょう。

もし、しゃっくりが起こる前に
床材や食材をいつもと違うものを
与えていた場合は、

それが原因の可能性があるので
元に戻すようにしましょう。

一般的に床材にアレルギー反応を
起こすことが多いようです。

特に木のチップの床材はアレルギーの
原因になりやすいと言われています。

木のチップの床材が原因の場合は
紙でできた床材を使用すると
改善が見られます。

床材に関してはハムスターを購入する際に
それまで使っていた床材を店員さんに聞いて
同じ床材を使うのが安心です。

呼吸器系の問題

連続してしゃっくりが続く場合
呼吸器系の病気の可能性があります。

正確にはしゃっくりのように見える
荒い呼吸をしている時は
肺炎などを疑いましょう。

呼吸器の病気の場合は
食欲が落ちる症状も見られます。

季節の変わり目や環境が変わるときに
多く見られるので、

室温をしっかり適温に保ちましょう。

ハムスターの適温は20°C〜26°Cです。

進行するとどんどん衰弱してしまうので
エキゾチックアニマルを専門とする
獣医さんに相談しましょう。

ハムスターが危険なしゃっくりをしているか見分ける方法

ハムスターのしゃっくりが危険なものなのか
どうなのかを見分ける目安として、

頻度としゃっくりをしている時間を
チェックするようにしましょう。

人間と同じように考えると分かりやすいですが、

通常のしゃっくりであれば
数分から数十分で収まります。

頻度も忘れた頃にたまに出るくらいのものです。

これくらいのしゃっくりであれば
心配することはないでしょう。

逆に、

  • 1時間を超えてしゃっくりをする
  • 1日に何度もしゃっくりをする
  • ある特定の条件でしゃっくりをする

ような場合は何か異常がある
可能性があるので獣医さんに相談するなど
対策をしてください。

まとめ

ハムスターのしゃっくりは、

本当にただのしゃっくりと
しゃっくりのように見える異常行動
を見極めることが大切になります。

しゃっくりが見られた時は
いつもより注意してハムスターの
様子を見てあげてくださいね。

そしてもし不安があるなら
すぐに相談できるかかりつけの
獣医さんを見つけておくようにしましょう。