ハムスターに氷を舐めさせてみた

最近急に暑くなってきたので
我が家でもハムスターのために
エアコンをつけっぱなしになりました。

外はうだるような暑さですが
我が家のハムスターは
快適そうです。

つい先日、
ハムスターに氷をあげると
どんな反応をするのかなと思い、

ちょっと氷を舐めさせてみました。

その時の反応をお伝えしたいのと
氷を与える時の注意点を
書いていこうと思います。

はじめに書いておきますが
ハムスターに氷を与えるのは
かなり注意が必要です。

なぜ注意しないといけないのかも
この記事に書いてあるので
最後まで目を通してくださいね。

ハムスターに氷を舐めさせると喜ぶ

ハムスターに氷を与えた時の反応ですが、

もう思いっきり氷を舐めていました。笑

我が家ではケージの中に放置することはせず
人が手に持った状態で、

ケージの柵の外から氷の先だけを
中に入れるようにしました。

しばらくは一生懸命に舐めていましたが
20秒くらいで、

「もういらん」

とプイッと離れてしまいました。

ハムスターに氷を与える際の注意点

ハムスターに実際に氷を与えてみて
注意したほうがいいと感じた点があったので
シェアしておきます。

  • ケージの中に氷を放置しない
  • 頻繁に与えすぎない
  • 水滴でハムスターの体を濡らさないように

ケージの中に氷を放置しない

必ず氷を手に持ってハムスターの
様子を見ながら与えるようにしましょう。

そしてハムスターが氷をいらないとなったら
すぐに与えるのを辞めて
落ちた水滴などを拭き取りましょう。

理由としては、

余計な水分を与えすぎないように
するためです。

ハムスターを観察していたら
分かると思うんですが、

ハムスターってあまり水分を
とりませんよね?

野菜から出る水分を摂っていると
給水器の水をほとんど飲まないくらいです。

氷は当たり前ですが水の塊です。

ケージの中に放置するともちろん
溶けてしまいますが、

小さな氷の粒でも溶けてしまうと
ハムスターにとっては
水分が多すぎます。

またケージ内が濡れてしまい
ハムスターの体も濡れてしまう
恐れがあります。

ハムスターは水分を取りすぎると
下痢を起こし弱ってしまう
可能性もあるし、

体も濡れることをとても嫌がります。

余計な水分をケージ内に
残さないようにしましょう。

頻繁に与えすぎない

ハムスターが氷を舐めている姿は
とても可愛かったので
またあげたいなぁと思ってしまうのですが、

ここはちょっとグッと堪えようと
思っています。

頻繁に与えてしまうと、

水分の取りすぎになる可能性や
お腹を冷やし下してしまう
恐れがあるからです。

ハムスターにとって下痢は
致命的にもなりかねません。

何度も与えるのはやめましょう。

正確な頻度は分かりませんが
毎日与えるのは避けたほうが
いいと思います。

水滴でハムスターを濡らさないように

手に持って氷を与えていると
どんどん溶けてきて
水滴が落ちてきます。

この時に濡れた手でハムスターを触ったり
溶けた水滴をハムスターにつけたり
しないようにしましょう。

ハムスターは体が濡れることを
とても嫌がります。

また万が一濡れ過ぎてしまうと
体の体温を奪い弱らせてしまう
可能性もあります。

氷が溶けた水は特に冷たいので
ハムスターの体につかないように
してくださいね。

まとめ

ハムスターが生息するような環境では
自然に氷があることはまずないので、

ハムスターに氷をあげるのは
かなり不自然なことかなぁと思います。

ただ、はじめて氷をあげた時の、

「これなにー!!?」

感はとても面白かったです。笑

ハムスターの習性や特徴を
しっかり頭に入れて、

やり過ぎないように注意しながら
与えてみてくださいね☆

基本的なハムスターの特徴を
まとめた記事も貼っておくので
よかったら読んでみてください♬↓