【体験談】ハムスターのかじり木が必要なかった話

ハムスターの歯は放っておくと
どんどん伸びるので
かじり木を入れておきましょう。

そんな話がよくネット上に書いてありますが、

ハムスターにかじり木は必要か?

と聞かれると、

私は別にいらないかなと思います。

理由は、

かじり木を入れたけど
結局ハムスターが全然使わなかったからです。

さらに言うと使っていなくても歯が伸びて
問題になったことがないからです。

私はハムスターを1年以上飼い続けていますが
かじり木を入れていた期間は
2週間くらいです。

種類はブルーサファイアの
ジャンガリアンハムスターです。

今回はかじり木について
私の体験を元にお伝えしていきます。

固いペレットをあげていればかじり木は必要ない

かじり木を入れる理由として、

ハムスターは歯が伸び続けるので
歯を削るためにかじり木が必要という
話を聞きますが、

かじり木がない状態で1年以上飼育していても
歯が伸びて問題になったことは
ありません。

私よりももっと長くハムスターを
飼っている人に話を聞いても、

かじり木を必要だと感じている人は
いませんでした。

ハムスターの普段の食事を
固いペレットにしていれば
それだけで充分と言えるでしょう。

かじり木を入れてもケージの柵は噛む

ケージの柵を噛んでいる姿を見て
柵の代わりにかじるものを入れようと、

かじり木を入れる方もいるかも
知れません。

我が家も金網ケージを使用していて
柵を噛むことも多いのですが、

かじり木を入れることで
柵を噛むことをやめることは
ありませんでした。

一度柵をかじるクセがついてしまうと
かじり木を入れたくらいでは
そのクセは直らないと思います。

ケージの柵をかじるのが気になる場合は
柵のないケージに変えてしまうのが
1番根本的な解決策になります。

ハムスターはかじり木をかじるためのものだと思っていない

私たちはかじり木をハムスターに
かじってもらうために入れます。

ただ、かじり木だと思っているのは
人間だけで、

ハムスターからすると
かじり木のことを

  • 歯を削るため
  • ストレス解消のため

に入れてくれてるなんて
考えもしないと思います。

結局かじり木をかじるかどうかは
ハムスターの気分次第で、

かじり木はあってもなくても
関係のないものということに
なってしまいますね。

かじり木はわざわざ買う必要があるのか?

もし一度かじり木を試してみたいと
思う方が気になるのは、

わざわざかじり木を買わなくても
その辺に落ちている枝や
割り箸ではダメなのかな?

ということだと思います。

これに関してはハムスターの
かじり木用に販売されているものを
買う方が安心はできると思います。

木の種類によってはハムスターが
口にしないほうが良いものが
あるからです。

その辺に落ちている枝の種類や状態を
判別できる人でなければ、

よく分からない種類の木の枝を
与えるのは避けたほうが良いです。

割り箸に関してはネット上で
良い悪いが賛否両論となっていますが、

私個人的には
自己責任でありかなと思っています。

ただ販売されているものであれば
ハムスターに合わせてかじり木を
用意してくれていますし、

それほど高価なものではないので
結局買うほうが無難かなと感じます。

売られているかじり木は
ラインナップが豊富ですが、

ぶっちゃけ何を買ってもいいと
思います。

まあ、木の枝ですから。笑

まとめ

私はかじり木をあげるくらいなら
固いタネなどをあげながら
コミュニケーションを取ったほうが
いいと思っています。

それだけで充分歯の伸びを
防ぐことができますし、

ハムスターともより仲良くなれますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。