ハムスターの妊娠期間と妊娠による変化

ハムスターをつがいで同じケージに入れると
高い確率で妊娠します。

ハムスターの妊娠期間は約3週間と短く
妊娠による変化を知り素早く対応する
必要があります。

妊娠後のメスは神経質になり
ストレスが溜まると育児放棄など
トラブルの原因になるためです。

トラブルを回避するため
ハムスターの妊娠による変化を
理解しておきましょう。

親のハムスターも生まれてくるハムスターも
みんなが元気に過ごせるようになりますよ☆

この記事では、

  • 妊娠期間
  • 妊娠によるハムスターの変化
  • 妊娠によるハムスターの変化への対応

について書いていきます。

ハムスターの妊娠期間

ハムスターの妊娠期間は種類によって
違いがあります。

●ゴールデンハムスター 
 16日〜18日

●ジャンガリアンハムスターなど小型のハムスター
 18日〜21日

ゴールデンハムスターの方が少し短いので
注意しておきましょう。

妊娠によるハムスターの変化

妊娠したメスはオスを極端に嫌がるようになります。

妊娠して神経質になるためです。

ジャンガリアンハムスターは妊娠後も
同居できる可能性がありますが、

妊娠したメスがイヤがっているようであれば
離すようにしましょう。

メスは妊娠すると

  • 巣材を集めて巣箱にこもることが多くなる。
  • 食欲が増加する

といった変化が見られます。

体重も増加し見た目も大きくなります。

妊娠によるハムスターの変化への対応

妊娠したハムスターに対する意識として
出産に向けてサポートをする
気持ちで対応しましょう。

ハムスターがストレスを溜め
安心して出産に臨めない環境だと
出産後の育児放棄や子喰いの原因になるからです。

具体的にすることは

  • 巣材を多く入れる
  • タンパク質を多く含む食べ物を与える
  • エサをいつもより多めに与える

です。

巣材を多く入れる

出産が近くなると巣に体量の巣材を
運ぶようになります。

メスが自分でせっせと運ぶので
巣材を多めに入れたら
あとはそっとしておきましょう。

タンパク質を多く含む食べ物を与える

妊娠中は親ハムスターの体調維持や
子ハムスターの成長のために
栄養分を多く必要とします。

栄養が不足しないように
にぼしやチーズなど、

タンパク質を多く含む食べ物を多めに
与えるようにしましょう。

エサをいつもより多く与える

妊娠中のハムスターは食欲が増加します。

食べる量も増えるのですが
巣にため込む量も増えるようになります。

普段の2倍近い量を与えても
大丈夫ですよ。

ただ野菜など腐りやすいものを
巣にため込まないように
様子は見ておきましょう。