ハムスターの臭いが気になる時はどうしたらいいの?

ハムスターを飼い始めると一度は気になるのが
その臭い。

普段はあまり気にならないのに
不意にかおってくる臭いに驚いた
飼い主さんも多いはずです。

このハムスターの臭いですが
おしっこ対策すればほぼ解決できます。

臭いの原因のほとんどはおしっこだからです。

しかし、

人間にとっては気になるおしっこの臭いでも
実はハムスターには重要な役割が
あったりします。

おしっこの臭いを上手く対策をすることで
飼い主もハムスターも快適に
過ごすことができるので、

ハムスターの臭いが気になる人は
ぜひ参考にしてくださいね。

ハムスターの臭い対策

  • トイレの場所を覚えさせる
  • ケージの中の物を少なくする
  • 砂浴び場をつくる

1つずつ解説していきますね。

トイレの場所を覚えさせる

ハムスターは決まった場所でトイレをする
習性があります。

そのためトイレの場所を覚えさせると、

臭いの原因であるおしっこを1カ所に
させることができるので掃除しやすくなります。

ハムスターにトイレの場所を覚えさせる
具体的な方法ですが、

ハムスターがおしっこをした床材を少量取って
トイレの場所に置くようにしてみましょう。

繰り返し続けていると
その場所をトイレと認識して
一か所でするようになります。

もしくはハムスターがおしっこした場所を
できるならトイレにしてしまいましょう。

ケージの隅でおしっこをする
ハムスターが多いです。

ケージの中の物を少なくする

ケージの中に色々物を入れて
レイアウトを楽しみたい方も
多いと思いますが、

ケージの中の物を少なくして
掃除しやすくするのも大切です。

ロボロフスキーなど小型のハムスターは
おしっこをする場所が中々定まらず
回し車の上や巣箱の中など、

色々な場所でおしっこをする
場合があります。

布製の商品におしっこをされると
洗うのも大変です。

かといって放置すると
臭いが染み付いてしまいます。

せめてトイレの場所が定まるまでは
ケージの中のものは少なくしておくことを
オススメします。

砂浴び場をつくる

ケージの中をまめに掃除しても
ハムスターの臭いが気になる場合、

ハムスター自身におしっこの臭いが
染み付いている場合があります。

だからと言って、
ハムスターをお風呂に入れることは危険です。

お風呂がわりになる砂浴び場を
準備するようにしましょう。

ハムスター自身におしっこの臭いが付いた時に
砂浴びで落とすことができるからです。

ハムスター用に砂浴び用の砂と
砂を入れるケースが販売されているので
用意しましょう。

この時、砂浴び場とトイレを一緒にする
ハムスターもいますが、

ハムスター用の目が細かい砂はおしっこで
すぐに固まりハムスターにおしっこが
つくことはほとんどありません。

固まった砂は気付いたらすぐに
取り除きましょう。

ハムスターの臭いに過敏になり過ぎない

ここからは個人的な考えですが
ハムスターの臭いに理解を示すことも
大切だと感じています。

人間にとって不快な臭いでも、

ハムスターにとって自分の匂いは
重要なものだからです。

床材などまめに交換すれば
臭いを抑えることはできます。

しかし自分の匂いがしないケージは
ハムスターにとって大きなストレスです。

おしっこ対策をすれば臭いに関する
大きな問題は解決します。

あまり過敏にならないようにして
ハムスターとの関係を
より良いものにしていきましょうね。