【ハムスターの夏場の飼い方】暑さ対策をしましょう

ハムスターは暑さにも寒さにも弱く
20度〜26度くらいが適温と言われています。

30度を越えてくるとハムスターが熱中症を
起こす危険が高まってくるため
夏場は対策が必要になります。

気温の感覚は人間とよく似ているので
自分で暑いと思う環境はハムスターにとっても
暑いと思ってもらって大丈夫です。

ちなみに、

暑さ対策はハムスターのケージの中の温度を
基準に考えること
が大切です。

部屋がどれだけ適温でもケージ内の温度は
高い場合があります。

金網タイプのケージなら心配いりませんが
水槽タイプや衣装ケースをケージに
している人は、

温度計をケージ内に設置してこまめに
チェックしておきましょう。

この記事では、

  • ハムスターが熱中症を起こしている状態
  • 夏場の暑さ対策

について書いていきますね。

ハムスターが熱中症を起こしている状態

本当はハムスターが暑がって
熱中症の症状が出る前に対策をするべきですが、

先に熱中症を起こすとどんな症状が出るか
知っておきましょう。

  • あお向けや横向きに寝ている
  • 歩き方がよろよろしている
  • ぐったりしている

あお向けに寝ている姿はパッと見ると
可愛く見えるのですが、

ハムスターはかなり苦しんでいるので
すぐに対応しましょう。

熱中症が起きた時の対応

まずは体を冷やしましょう。

冷たいタオルを体に当てて冷やします。

この時にビシャビシャに濡れたタオルは避けて
固く絞っておきましょう。

そのまますぐに病院に連れて行きます。

急激に冷やしてもハムスターに負担が
かかるので保冷剤などを使う場合は
タオルで包んで冷たさを和らげて使います。

夏場の暑さ対策

ここからは熱中症を起こす前に
夏場の暑さ対策について書いていきますね。

  • エアコンをつける
  • 大理石や陶器物を入れる
  • ケージの周りに保冷剤を置く

エアコンをつける

エアコンを1日中つけっぱなしにしておくのが
1番確実な方法です。

この時に注意するのが
記事の最初にも書きましたが、

ケージ内の温度に注意することです。

室温が快適でもケージ内に熱がこもってると
熱中症を起こす危険があります。

エアコンを1日つけっぱなしにすると
電気代が心配になるかもしれませんね。

地域や電力会社などによって
違うかもしれませんが、

我が家の場合、

つけっぱなしにした時と
こまめに付けたり消したりした時を比べて
意外ですがそれほど差はなかったです。

大理石や陶器物を入れる

触るとひんやりした大理石や陶器の物を
ケージ内に置いておくようにします。

ハムスター専用の大理石マットや
陶器でつくられたハムスター小屋など、

たくさんのグッズが売られているので
ショップで色々見てみると楽しいですよ♬

冷たくて気持ちいいのかハムスターも
割と使ってくれます☆

ただし、効果として考えると
大理石や陶器の物を置いておくだけで
熱中症が確実に防げるとは言い切れないので、

他の方法と合わせて使うようにしましょう。

ケージの周りに保冷剤を置く

エアコンをつけっぱなしにできない場合は
ケージの周りに保冷剤や凍らせたペットボトルを
置くという方法もあります。

温度の管理が正確にできないので
個人的にはエアコンを上手く活用して
もらいたいですが。。

保冷剤や凍らせたペットボトルは
タオルでくるんでケージの上に
置くようにしましょう。

冷気が下に下がっていき効果的です。

金網タイプのケージを使っている人は
「うんてい」で保冷剤に近づき過ぎる
可能性があるので、

薄い布などをケージの上に置いて
「うんてい」できないようにしましょう。

ちなみに「うんてい」ってこれです↓

ケージの周りに引っ付けて置いてしまうと
保冷剤やペットボトルをハムスターが
かじる危険があるので避けましょうね。

最後に

ハムスターは30度を越えてくると
一気に熱中症の危険が高まりますが、

何も対策をしていない部屋は
あっという間に30度を越えます。

そして小さいハムスターは
簡単に命を落としてしまいます。

「あの時こうしておけばよかった」

と後悔しないためにも、

暑さ対策はぜひしっかり行ってくださいね。

カテゴリートップへ戻る