ハムスターにトイレの場所を教える方法

ハムスターにトイレの場所を教えることができるの?
と驚かれるかもしれませんが、

ハムスターは1度トイレの場所を決めると
決まった場所以外ではおしっこをしない
習性があります。

その習性を利用してケージの中で
トイレの場所を決めることができます。

ハムスターのトイレは砂場をつくり
砂を専用のケースに入れてつくりましょう。

また砂の中でおしっこをすると
砂が固まるのですぐに取り除くように
してくださいね。

1日に1回は取るようにしてください。

この記事では、

  • ハムスターにトイレの場所を教える方法
  • なぜトイレの場所を決める必要があるのか

について書いていきます。

ハムスターにトイレの場所を教える

ハムスターにトイレの場所を教えるために
ハムスターの習性を利用しましょう。

  • 毎回決まった場所でトイレをする
  • トイレと寝床を別の部屋に分ける
  • ケージの隅をトイレにする

以上の習性から、

寝床やエサ場から離れたケージの隅
トイレを置くと自然とそこで
おしっこをしてくれるようになりますよ。

おしっこがついた床材をトイレに置いておく

ハムスターは毎回決まった場所で
おしっこをするので、

おしっこの匂いがついた床材を
トイレにしたい場所に置いておくと
ここがトイレだと認識します。

この時、トイレの場所以外の床材に
おしっこがついていたら
すぐに片付けるようにしましょう。

寝床やエサから離してトイレをつくる

ハムスターはトイレと寝床を分けて巣をつくるので
寝床やエサ場の近くにトイレを置いておいても
トイレだと認識しません。

ケージの隅にトイレを置く

ハムスターをケージで飼う時は
大体自然とケージの隅でおしっこを
するようになります。

ケージの隅にトイレを置いておくと
トイレであることを認識してくれやすいです。

ハムスターにトイレをしつける理由

小さい動物だし好きなところでおしっこさせても
いいんじゃないかと感じるかもしれませんが、

トイレの場所を決めないことのデメリットが
実は結構あります。

おしっこの量が多く臭いがキツい

ハムスターのおしっこは意外と量が多いです。

床材が濡れていることが分かるくらいの
量をするので床材の状態が悪くなります。

また離れていてもおしっこをしたことが
分かるくらい臭いがキツいです。

そのため回し車や床材の上でおしっこをすると
臭いが残ってしまいます。

掃除の回数が増え手間が増えてしまうので
トイレの場所を決めた方がいいです。

衛生的によくない

これはどの動物にも言えることですが
おしっこを放っておいたままにしておくと
衛生的に悪くなり体調を崩す原因になります。

どこでおしっこをしたか分からないと
ケージの掃除もれが起こります。

ケージないを衛生的に保つためにも
どこでおしっこをしたかすぐに分かるように
しておきましょう。

カテゴリートップへ戻る