ハムスターをはじめて飼う時に知っておきたい特徴や習性

ハムスターをはじめて飼う人は飼う前に
ハムスターの特徴や習性を知ることを
オススメします。

ハムスターの特徴や習性を知ることで
ハムスターがされて喜ぶことや
嫌がることが分かるようになるからです☆

例えば、

ハムスターは自分のにおいを大事にするので
人にベタベタ触られて違うにおいがつくのを
嫌がります。

水もそれほどたくさん飲まないので
飲まないことを心配して
無理に飲ませようとしなくても大丈夫です。

ハムスターのことをよく知って
ストレスをかけないようにすると、

あなたとの関係もより深まり
ハムスターとの楽しい生活を
送ることができるようになりますよ♬

ハムスターの体の特徴

30センチの距離くらいまでしかはっきり見えません。

ただし暗いところでも目が見えます。

逆にまぶしいのは苦手です。

気になる音は耳をたてて聞こうとします。

声をかけた時に耳をたてていたら
興味をもってくれていますよ。

怖いことがあったら耳が寝ます。

においをはっきりかぎわけることができます。

食べ物を近づけると鼻をヒクヒクさせながら
寄ってくるのでとても可愛いですよ。

ひげ

周りのものにひげを当てて距離や形をはかります。

歩くときは地面にひげを当てるために
顔を左右にふりながらチョコチョコ歩きます。

ほおぶくろ

ほっぺたの部分がよく伸びるので
食べ物をたくさん口の中に入れておけます。

大きいハムスターはヒマワリのタネを
60個ほど貯めることができます。

ほっぺたがふくらんでいる姿も
とても可愛い☆

においの腺

ハムスターは自分のにおいを
とても大事にします。

人が触ったあとに一生懸命体をこする姿が
見られますが

自分のにおいをもう一度こすりつけています。

ハムスターの習性

夜行性

昼間は寝て夜によく動きます。

1日14時間ほど寝るのが普通なので
昼間はほとんど寝ています。

遊びたい時に寝ていることも
多いかもしれませんが、

無理やり起こすとストレスがかかるので
寝ている時はソッとしておいて
あげてください。

水をあまり飲まない

水入れの水の量があまり減らないので
飲んでいるか心配になるかもしれませんが、

元々あまり飲まないので心配ありません。

ただし水は毎日交換しましょう。

せまいところが好き

土に穴を掘ったせまいトンネルの中で
生活をしていたので
せまいところが落ち着くようです。

床に木くずをたくさん敷いてあげると
自分で穴を掘って巣をつくりますよ。

ケージの外に出しても
ずっと部屋のすみっこにいたりします。

走るのが大好き

ハムスターは一晩で5km以上
走ることもあります。

運動不足にならないように
回し車は必ずいれましょう。

回し車で走っている時急に立ち止まり
まわりをキョロキョロ見てるのは、

どこまで走ってきたか確かめるためです。

ハムスターと仲良くなろう

ハムスターと仲良くなるためには
相手のことをよく知ることが大切です。

ハムスターは元々寿命が短いですが
ストレスが原因でさらに
寿命が短くなることがあります。

1日でも長く一緒に過ごせるように
ハムスターのことを
よく知ってあげてくださいね☆

カテゴリートップへ戻る